1. 112. 【話し手の意志や他人に対して当然そうするべき状態を表わす表現 「-아/어야지」】

 

1)機能 :①話し手の意志を表し、主に独り言を言う時に使われ

②他人に対して当然そうするべき、或いはそうであるべき状態を表す時に使われる。

2)意味 :①「〜しようと、〜しなくちゃ、〜ではなくちゃ」

     ②「〜しなくちゃいけないでしょ、〜するべきでしょ」

3)使い方:(1)用言+아/어야지

ⅰ)陽母音語幹+아야지

ⅱ)陽母音語幹+어야지

ⅲ)하다用言+해야지

(2)名詞+이어야/여야지

ⅰ)パッチム有り名詞+이어야지

ⅱ)パッチム無し名詞+여야지

 

※「-아/어야」に終結語尾「-지」や限定の意味の助詞「-만」を結合すると、強調の表現となる。

 

【表現】

1)話者(自ら)の意志を表し、主に独り言を言う時に使われる

  1. 1. 올해는 매일 운동해야지.

今年は毎日運動しようと。

  1. 2. 내일부터 꼭 다이어트 해야지.

明日から必ずダイエットやらないと。

  1. 3. 내일은 일찍 일어나야지.

明日は早く起きなくちゃ。

 

2)(聞き手や他人に対して)当然そうするべき、或いはそうであるべき状態を表わす。

  1. 1. 네가 언니니까 참아야지.

お前がお姉さんだから我慢しないと。

  1. 2. 그렇게 쳐다보지만 말고 얘기를 해야지.

そんなに見てばかりしないで言わないと。

  1. 3. 이렇게 좋은 날에 웃어야지.

こんなに良い日に笑わないと。