5)「 ㅡ 」母音の場合

語幹最後の文字の母音が「 ㅡ 」で終わり、その後ろに 아, 어 が来ると、母音 が ㅏ か ㅓ に変わって がつく。

※語幹が

1文字の場合 は、 ㅡ  が ㅓ に変わって 요 がつくき、

2文字以上の場合 は、 ㅡ 母音の一つ前の文字を見て、その文字の母音が

陽母音の場合は ㅡ が ㅏ に、陰母音の場合は ㅡ が ㅓ に変わって 요 がつく。

 

【例】쓰다(使う)     쓰+어요  →  써 + 요 → 써요(使います)

※語幹が1文字の場合、ㅡ  が ㅓ に変わって 요

바쁘다 (忙しい)   바쁘+어요  →  바ㅃ +ㅏ요 → 바빠요 (忙しいです)

※ ㅡ 母音の一つ前の文字の母音が陽母音で ㅡ  が ㅏ に変わって 요

기쁘다 (嬉しい)   기쁘+어요  →  기ㅃ +ㅓ요 → 기뻐요 (嬉しいです)

※ ㅡ 母音の一つ前の文字の母音が陰母音で ㅡ  が ㅓ に変わって 요

 

【練習】

바쁘다(忙しい)  → 바빠요    모으다(集める)    → 모아요

나쁘다(悪い)   → 나빠요    끄다(消す)      → 꺼요

크다(大きい)    → 커요     예쁘다(綺麗だ)   → 예뻐요

기쁘다(嬉しい)  → 기뻐요    배고프다(お腹すく) → 배고파요

슬프다(悲しい)  → 슬퍼요    아프다(痛い)    → 아파요