20. -았/었으면

1) 機能 :過去の仮定と条件の表現
2) 意味 :「~たならば、〜ったたら、〜たと、〜たければ」
3) 使い方:動詞・形容詞の語幹+았/었으면

①動詞・形容詞の陽母音の語幹+았으면
②動詞・形容詞の陰母音の語幹+었으면

※先行文と後行文が一回性の過去の仮定と条件の表現である場合、「으면/면」より「았/었으면」を用いる。
※「-았/었더라면」と入れ替えられるが、「-았/었더라면」は過去の事実に対する経験を回想する意を表す時に使われます。
※「-았/었으면 좋겠다/한다/싶다」 は、話し手の願望の意を表す表現として使われる。

【表現】
①다 읽었으면 내용을 말해 보세요.
読み終わったら内容を言ってみて下さい。

②일을 다 끝냈으면 가셔도 됩니다.
仕事を全部終えたなら帰ってもいいです。

③혹시 표가 다 팔렸으면 어떻게 하지요?
もし切符が全部売り切れたらどうしましょうか?

④시간이 없는데 다 먹었으면 그만 가지요.
時間がないので食べ終わったらそろそろ行きましょう。

⑤무슨 일이 있어도 이번엔 꼭 시험에 붙었으면 좋겠어요.
何があっても今回は必ず試験に合格したいです。

⑥오늘은 피곤해서 하루 쉬었으면 좋겠어요.
今日は疲れてるので一日休みたいです。

⑦그 사람도 이런 제 마음을 알아 줬으면 좋겠어요.
あの人もこんな私の心を分かってほしいです。

⑧빌려간 DVD 다 봤으면 희선이한테 줄래요?
借りてたDVD、見終わったならヒソンに渡してもらいますか?

⑨제 휴대폰으로 연락 주셨으면 감사하겠습니다.
私の携帯の方に連絡いただければありがたいですが。

⑩빨리 겨울 방학이 시작됐으면 좋겠어요.
早く冬休みになれたらいいなと思います。

⑪앞으로는 이런 일이 두번 다시 없었으면 합니다.
これからはこんなことが二度となければと思います。