44. -밖에「限定の意を表す補助詞 その2」

1) 機能 :限定の意を表す補助詞。
2) 意味 :「〜しか」
3) 使い方:名詞+밖에

※後ろに必ず否定形が来るが、指定詞「이다」の否定形「아니다」は使えません。
※「−ㄹ/을 수 밖에 없다」(〜するしかない)の形としても使われる。
※述語に、否定を表わす言葉「없다, 모르다, 안」などと使われ、「아니다」は使えません。

【表現】
1. 지갑에 천 원밖에 없습니다.
財布に千円しかありません。

2. 다 가고 승훈이밖에 안 남았어요.
みんな帰ってスンフンしか残っていません。

3. 시간이 조금밖에 안 남았습니다.
時間が少ししか残っていません。

4. 돈이 없어서 책을 한 권밖에 못 샀습니다.
お金が無くて本を一冊しか買えませんでした。

5. 그 친구는 자기밖에 모르는 사람입니다.
その友達は自分のことしか知らない人です。

6. 그 사람밖에 나를 도와줄 사람은 없어요.
その人しか私を助けてくれる人はいません。

7. 머리가 아팠지만 약이 없어서 참을 수밖에 없었습니다.
頭が痛がったですが薬がなくて我慢するしかありませんでした。

8. 아침을 조금밖에 못 먹어서 배가 고픈데요.
朝を少ししか食べられなかったからお腹が空きましたね。

9. 우리 아이들은 공부는 안 하고 노는 것밖에 몰라요.
うちの子供たちは勉強はしないで遊んでばかりです。(遊んでることしか知りません。)

10. 그때는 그것밖에 방법이 없었습니다.
その時はそれしか方法がありませんでした。

11. 그때는 그럴 수 밖에 없었습니다.
その時はそうするしかありませんでした。

12. 배가 고팠지만 아이들이랑 같이 먹자고 했기 때문에 참을 수 밖에 없었다.
お腹がすいたが子供達と一緒に食べようと言ったので我慢するしかなかった。