45. -뿐「限定の意を表す補助詞 その3」

1) 機能 :限定の意を表す補助詞。
2) 意味 :「〜だけ、〜のみ」
3) 使い方:名詞+뿐
     :用言+ㄹ/을 뿐

※名詞の後ろに用いられ「ただそれだけ」という意味を表します。
※名詞としての使い方もあり、その時は「-ㄹ/을 뿐」の形で使われます。
※後ろには叙述語として「이다, 아니다」しか用いられないです。

【表現】
1. 다 가고 교실에는 영철이뿐입니다.
みんな帰って教室にはヨンチョルだけです。

2. 가방에는 연필 한 자루하고 공책 한 권뿐이었다.
かばんには鉛筆一本とノート一冊だけでした。

3. 축하 회장은 온통 웃음뿐이었다.
祝賀会場は笑いでいっぱいでした。

4. 그 때는 오직 신념 하나뿐이었습니다.
その時はただ信念一つだけでした。

5. 방에는 썰렁한 냉기뿐이 나를 반기고 있었다.
部屋には寒い冷気だけが私を迎えました。

6. 남동생은 항상 말뿐이고 약속은 지키지 않습니다.
弟はいつも口だけで約束は守りません。

7. 나의 마음은 점점 쓸퍼질 뿐이었습니다.
私の心はますます悲しくなるだけでした。

8. 거리엔 가끔씩 지나는 택시들뿐이었습니다.
町には時々行き交うタクシーだけでした。

9. 저에게는 아이들과 아내뿐입니다.
私には子供たちと家内だけです。

10. 이제 제 지갑에는 천 원짜리 한 장과 동전 몇 개뿐입니다.
もう私の財布には千ウォン札一枚と銭いくつだけです。

11. 내가 아는 사람은 이 사람뿐입니다.
私が知ってる人はこの人だけです。

12. 아이들이 갈 수 있는 곳은 공원뿐이에요.
子供達が行けるところは公園だけです。

13. 주머니에 남은 것은 동전 몇 개뿐이다.
ポケットに残ったのは小銭いくつしかない。

14. 내가 좋아하는 음식은 고기뿐입니다.
私の好きな食べ物は肉だけです。

15. 이 이야기를 읽고 있는 사람은 김 선생님뿐입니다.
この物語を読んでいる人は金先生だけです。

16. 냉장고에는 김치뿐이었고 그 외에는 아무것도 없었다.
冷蔵庫にはキムチだけで、その意外には何にもなかった。

17. 그 사람은 늘 말뿐이고 하는 일이 없어요.
その人はいつも言葉だけですることはないです。

18. 사람들은 구경만 할뿐이고 사는 사람은 아무도 없었다.
人々は見てるだけで買う人は一人もいなかった。

19. 그때 아버지는 걷기만 할뿐 아무말도 하시지 않았다.
その時、お父さんは歩くだけで何も話さなかった。

20. 쳐다보고만 있을 뿐 아무말도 하지 않았다.
見ているだけで何にも言わなかった。