5. -아요/어요体「用言の不規則変則のいろいろ」

1.用言(動詞・形容詞)の語幹最後の文字にパッチムがある用言

1)「-다」の前の文字の母音が ㅏ, ㅗ(陽母音) の場合、用言の語幹に  아요 がつく。
2)「-다」の前の文字の母音が ㅏ, ㅗ 以外(陰母音) の場合、用言の語幹に  어요 がつく。

  例)많다 (多い)       많 + 아요 → 많아요 / 많습니다(多いです)
    있다 (ある・いる)    있 + 어요 → 있어요 / 있습니다(あります)

 

2.用言(動詞・形容詞)の語幹最後の文字にパッチムがない場合

1)「-다」の前の文字の母音が「ㅏ」または「ㅓ」の場合、아요(어요) の 아(어) が脱落して がつく。

  例)가다 (行く)   가 + 아요 → 가요 / 갑니다(行きます)
    서다 (止まる)  서 + 어요 → 서요 / 섭니다 (止まります)

2)「-다」の前の文字の母音が「ㅗ」の場合、母音 ㅗ と 아요 が結合して ㅘ요 になる。

  例)보다(見る)    보 + 아요 → 봐요 / 봅니다(見ます)
    오다(来る)    오 + 아요 → 와요 / 옵니다(来ます)

3)「-다」の前の文字に「우」がある場合、우 と 어요 が結合して 워요 になる。

  例)배우다(習う)      배우 + 어요 → 배워요 / 배웁니다(習います)
    세우다(立てる)     세우 + 어요 → 세워요 / 세웁니다(立てます)

4)「-다」の前の文字の母音が「ㅡ」で終わり、その後ろに子音「ㅇ」から始まる文字が来ると、母音 ㅡ が ㅓ か ㅏ に変わって がつく。

※語幹が1文字の場合は、「ㅓ」を、2文字以上の場合は「ㅡ」母音の一つ前の文字を見て、その文字の母音が陽母音の場合は「ㅡ」 が「ㅏ」に、陰母音の場合は「ㅡ」が「ㅓ」に変わって「요」がつく。

  例)쓰다 (使う)     쓰  → 써 + 요 → 써요(使います)
    바쁘다 (忙しい)   바쁘 → 바빠 + 요 → 바빠요 (忙しいです)
    기쁘다 (嬉しい)   기쁘 → 기뻐 + 요 → 기뻐요 (嬉しいです)

5)「-다」の前の文字の母音が「ㅣ」の場合、母音ㅣ が 어 と結合して 여요 になる。

  例)마시다(飲む)   마시 + 어요 → 마셔요 / 마십니다(飲みます)
    기다리다(待つ)  기다리 + 어요 → 기다려요 / 기다립니다(待ちます)

6)「-다」の前の文字の母音が「ㅐ」の場合、어요 の 어 が脱落して がつく。

  例)보내다(送る)   보내 + 어요 → 보내요 / 보냅니다(送ります)
    끝내다(終える)  끝내 + 어요 → 끝내요 / 끝냅니다(終えます)

 

3.特殊なパッチムの用言

1)ㄷ(디귿) 不規則活用:「-다」の前の文字にパッチム「ㄷ」があり、その次の文字が母音から始まる場合、パッチム ㄷ が  ㄹ に変って 아요 か 어요 がつく。

  例)듣다(聞く)    듣 → 들 + 어요 → 들어요 / 듣습니다(聞きます)
    걷다(歩く)    걷 → 걸 + 어요 → 걸어요 / 걷습니다(歩きます)
 例外)닫다(閉める)→ 닫아요(閉めます)    받다(受ける)→ 받아요(受けます)

2)ㅂ(비읍)不規則活用:「-다」の前の文字にパッチム「ㅂ」があり、その次の文字が母音から始まる場合、パッチム「ㅂ」が 우 に変わり、우 が 어요 と結合して 워요 になる

  例)춥다(寒い)    춥  → 추우 + 어요 → 추워요 / 춥습니다(寒いです)
    가깝다(近い)   가깝 → 가까우 + 어요 → 가까워요 / 가깝습니다(近いです)

※次の単語はパッチム「ㅂ」が 오 に変わり、오 が 아요 と結合して 와요 になる。
돕다(手伝う) 돕 → 도오 + 아요 → 도와요(手伝います)
곱다(きれいだ) 곱 → 고오 + 아요 → 고와요(きれいです)

 例外)입다(着る) → 입어요(着ます) 잡다(つかむ) → 잡아요(つかみます)
    좁다(狭い) → 좁아요(狭いです)  씹다(噛む)  → 씹어요(噛みます)

3)ㅅ(시옷)不規則活用:「-다」の前の文字にパッチム「ㅅ」があり、その次の文字が母音で始まる場合、パッチム ㅅ が脱落して 아요 か 어요 がつく

  例)낫다(治る)   낫 → 나 + 아요 → 나아요 / 낫습니다(治ります)
    짓다(作る)   짓 → 지 + 어요 → 지어요 / 짓습니다(作ります)
 例外)씻다(洗う)→ 씻어요    웃다(笑う)→ 웃어요    벗다(脱ぐ)→ 벗어요

4)ㅎ(히읗)不規則活用:「-다」の前の文字にパッチム「ㅎ」がある場合、パッチム ㅎ が脱落し、語幹の母音もなくなり、아 や 어 が ㅐ に変わって 요 がつく。

  例)빨갛다(赤い)    빨갛 → 빨ㄱ + 아요 → 빨ㄱ+ ㅐ요 → 빨개요 / 빨갛습니다(赤いです)
    어떻다(どうだ)   어떻 → 어ㄸ + 어요 → 어ㄸ+ ㅐ요 → 어때요? / 어떻습니까?(どうですか)

 例外)좋다(良い) → 좋아요(良いです) 놓다(置く) → 놓아요(置きます)
    넣다(入れる)→ 넣어요(入れます) 쌓다(積む) → 쌓아요(積みます)

 

4.その他の変則

1)「르」不規則活用:「-다」の前の文字に「르」がある場合、「르」がなくなって、

「르」 の前の文字の母音が陽母音の場合 ㄹ라요、陰母音の場合 ㄹ러요 がつく
  例)빠르다(はやい)   빠르 → 빠 + ㄹ라요 → 빨라요 / 빠릅니다(「르」の前が陽母音)
    부르다(呼ぶ)    부르 → 부 + ㄹ러요 → 불러요 / 부릅니다(「르」の前が陰母音)

2)「하다」用言: 해요

  例)생각하다(考える)   생각해요(考えます)
    인사하다(挨拶する)  인사해요(挨拶します)