50. -았/었던【過去回想表現 その2】

今回は過去回想表現「-던」に続いて「-았/었던」です。

1)機能 :過去完了回想表現
2)意味 :〜(し)ていた
3)使い方:①用言の陽母音語幹+았던
②用言の陰母音語幹+었던

※「던」と同様「過去回想」のときに使いますが、過去にそういうことがあったのを強調したり経験などを表すときに用いられます。また、すでに完了したというニュアンスを含んでいます。

【表現】
1.
저 식당에 갔던 적이 있어요.  あの食堂に行ったことがあります。
(過去に行ったことのあることの回想)
저 식당에 가던 적이 있어요.  あの食堂に行ってた時(時代)があります。
(昔行っていた時代があることを回想する言い方)

2. 지난번에 먹었던 요리, 이름이 뭐였죠?
この前食べてた料理(食べてしまった料理)の名前は何でしたっけ?

3. 제일 앞에 앉았던 학생이 질문을 했다.
一番前に座っていた(今は座ってない)学生が質問した。

4. 춘천은 제가 어렸을 때 살았던 곳이에요.
春川は私が子供のとき住んだことのある(今は住んでいない)ところです。

5. 내가 앉았던 의자에 앉으세요.
僕が座ってた(今は座ってない)椅子に座って下さい。

6. 여기 놓였던 꽃병을 누가 치웠니?
ここに置かれていた(今は置かれてない)花瓶を誰が片付けたの?

7. 며칠 전에 잃어버렸던 휴대폰을 다시 찾았다.
何日か前になくしてた(昔はなくしてたという過去の回想)携帯電話を見つけた。

8. 여행을 같이 갔던 사람들이 모이기로 했어요.
旅行に一緒に行ってた人たちが集まることにしました。
(終わったしまったことを回想するため「같이 가던 사람」は非文 )

9. 우리가 갔던 산은 아주 높은 산이었습니다.
我々が行ってた(昔はよく行ってたけど今は行かない)山はとても高い山でした。
(「가던 산」は、一定期間よく行っていた山)

10. 지난 번 회의에서 의논하지 못했던 문제들을 이야기합시다.
前回会議で議論できなかった問題について話しましょう。