60. 【疑問冠形詞 ①「무슨」と②「어떤」】

1) 機能 :疑問冠形詞
2) 意味 :①「なんの」、②「どんな」
3) 使い方:무슨+名詞、어떤+名詞

「무슨」は不特定なこと、分からない対象やものなどを聞く時または言う時に使い、
「어떤」は人や物事の特性、内容、状態などがどうであるかを聞く時や与えられたもの、対象の中から何を選ぶかを聞く時に使われるものです。

【表現】
1. 무슨 일입니까? / 어떤 일입니까?
どうしましたか?(慣用表現)/どんな仕事ですか?

2. 이건 무슨 책이에요? / 이건 어떤 책이에요?
これは何の本ですか?/これはどんな本ですか?

3. 오늘은 무슨 요일입니까?
今日は何曜日ですか?

4. 어떤 내용의 영화입니까?
どんな内容の映画ですか?

5. 이 사진은 무슨 사진입니까?
この写真はどんな写真ですか?

6. 그 분은 어떤 사람입니까?
この方はどんな人ですか?

7. 이게 무슨 냄새예요?
これはなんのにおいですか?

8. 어떤 영화를 좋아합니까?
どんな映画が好きですか?

9. 어떤 것을 원하세요?
どんなもの(こと)がほしいですか?

10. 한국음식 중에는 어떤 음식을 좋아합니까?
韓国料理の中ではどんな料理が好きですか?

※参考
③の「오늘은 무슨 요일~?」の「무슨」の代わりの「오늘은 어떤 요일~?」は使われません。同様に、⑥の「어떤 사람~?」の「어떤」の代わりに「무슨 사람 ~?」、⑨の「어떤 것을 ~?」の「어떤」の代わりに「무슨 것을 ~?」は使われません。