70. 【先行文と後行文の行為の継続表現 その① 「-아/어 가지고」

1)機能 :先行文の行為の結果や状態を元に次の行為が続けたり、先行文の行為が後行文の理由や原因となることを表す。
2)意味 :「~して、~ので、~でもって」
3)使い方:用言の語幹+아/어 가지고

※行為の結果や状態などを維持したまま行為を続けたり、理由や原因となることを表したりする時に使う。主に口語体で使われる
※縮尺形として「-아/어 갖고」もよく使われ、会話体では、「가지고」は「가지구」や「갖구」と発音される場合が多いです。
※「아/어서」に入れ替えることも可能です。

【表現】
1) 「動詞+아/어 가지고」:先行文の行為の結果や状態を元に次の行為が続くということを表わす。
1. 도시락을 사 가지고 갈게요.
弁当を買って行きます。

2. 목이 말라 가지고 물을 세 잔이나 마셨어요
喉が渇いて水を3杯も飲みました

3. 일본에 와 가지고 많은 경험을 했습니다.
日本に来て多くの経験をしました。

4. 가 :점심 먹었어?
夕ご飯、食べた?
나 :네. 아까 혼자 라면 끓여 가지고 먹었어요.
ええ、さき一人でラーメン作って食べました。

5. 그래 가지고 그 다음엔 어떻게 됐어?
それでその次はどうなったのよ?

6. 돌아올 때 감기 약 좀 사 가지고 오세요.
帰りに風邪薬を買って来て下さい。

7. 빈손으로 가지 말고 뭔가 사 가지고 가요.
手ぶらで行かないで何か買って行きましょう。

8. 공부를 그렇게 안 해 가지고 어떻게 할려구 그러니?
そんなに勉強をしないでどうするつもりなの?

9. 돈을 모아 가지고 차를 살 거예요.
お金を貯めて車を買うつもりです。

10. 종로2가에서 만나 가지고 지하철 1호선을 타고 갈까요?
鐘路2街で会って地下鉄1号線に乗って行きますか?

11. 아직 안 왔는데 제가 전화해 가지고 빨리 오라고 할게요.
まだ来てないですが私が電話して早く来るように言います。

12. 어제부터 감기에 들어 가지고 열이 많아요.
昨日から風邪を引いて熱があります。

13. 저는 혼자 1년쯤 공부해 가지고 한국어 능력 시험을 봤어요.
韓国語を2年ぐらい勉強して、そして留学に行ったの。

14. 시골에서 부모님이 오셔 가지고 오늘은 집에서 쉬겠습니다.
九州地方は雨がものすごく降ってきて大変だそうよ。

15. 어제밤에 잠을 못 자 가지고 눈이 충혈된 것 같은데 어때요?
昨日の夜眠れなくて目が充血しているようですが、どうですか?

16. 내일은 식당이 안 한다고 하니까 도시락을 싸 가지고 오지요.
明日は食堂が休むというので弁当を作ってきましょう。

2) 「形容詞+아/어 가지고」:先行文の行為が後行文の理由や原因となることを表す。
1. 오늘은 바빠 가지고 시간을 낼 수 없었어요.
今日は忙しくて時間を作ることができませんでした。

2. A : 어제는 왜 안 왔어?    B : 일이 좀 있어 가지구.
A : 昨日はなぜ来なかったの? B : 仕事がちょっと会って。

3. 양이 너무 많아 가지고 다 못 먹었어요.
量が多すぎて全部は食べられなかったです。

4. 배불러 가지고 더 이상은 못 먹겠어요.
お腹が一杯でこれ以上は食べられないです。

5. 일이 많아 가지고(=많아서) 이번주 일요일는 못 쉴 것같아.
仕事が多くて今週の日曜日は休めないと思うよ。

6. 요즘엔 날이 너무 더워 가지고 밖에 나가기가 꺼려져요.
この頃はあまりにも暑くて外に出るのがためらうようになります。

7. 요즘은 밤이 길어 가지고 저녁 6시만 되면 어두워져요.
最近は夜が長くなって夕方6時になると暗くなります。

8. 어제는 너무 졸려 가지고 씻지도 못하고 그냥 잤다.
昨日はとても眠くて洗うこともできずそのまま寝た。

9. 이번 여름에는 여유가 없어 가지고 휴가는 생각지도 못하겠어요.
今年の夏は余裕がなくて休暇どころではなくなりそうです。

10. 한국어는 너무 재미있어 가지고 하루에 세 시간씩은 꼭 공부해요.
韓国語はとても面白くて一日に3時間ずつは必ず勉強します。