89. 「-이나/나」と「-이라도/라도」

今回は、譲歩や選択の表現の「-이나/나」と「-이라도/라도」の違いについてです。
先ず、両者の言葉の裏にある意味を簡単に表すと、

  「-이라도/라도」:「〜でも(~ないよりましだから)」選択する
  「-이나/나」  :「~でもなんでもできるの」を選択する

となります。場合によっては、

①음악이라도 듣겠습니까?
 「音楽でも(聞かないよりましだから)聞きますか?」
②음악이나 듣겠습니까?

  「音楽なんかでも(音楽を聞くこと以外にすることがないから)聞きますか?」
 両者の裏にある本来の意味を見てみると、
  음악을 듣는 것이 안 듣는 것보다 나으니까 듣겠습니까?
  음악을 듣는 것밖에 할 것이 없는데 듣겠습니까?
 で、
音楽を聞いた方が聞かない方よりましですから聞きますか?
 音楽を聞くことしか出来ることはないですから聞きますか?
   の意味です。

③빵이라도 주세요. 「パンでも(無いよりましだから)下さい。
」
④빵이나 주세요. 「パンなんかでも(餅でもなんでも出せるのを)下さい。」
 の場合、両者の裏にある本来の意味は、
  빵이라도 (없는 것보다 나으니) 주세요.
  빵이나 (떡이나 아무거나 줄수 있는 것을) 주세요.

   です。

⑤심심한데 바둑이라도 두지요.「退屈なので囲碁でも(やらないよりましだから)うちましょう。」
 심심한데 바둑이나 두지요. 「退屈なので囲碁でも(他にできることがないので)うちましょう。」

⑦커피가 없으면 홍차라도 한 잔 주세요.「コーヒーがなければ紅茶でも(飲まないよりましなので)下さい」
 커피가 없으면 홍차나 한 잔 주세요.「コーヒーがなければ紅茶でも(他に出せるものがないので)下さい」

⑧지금은 이것밖에 없는데 이거라도 좀 드시죠.「今はこれしかないのでこれでも(食べないよりましなので)どうぞ」
 지금은 이것밖에 없는데 이거나 좀 드시죠.「今はこれしかないのでこれでも(他に食べられるものがないので)どうぞ」

⑨특별히 할 일도 없는데 음악이라도 들을까요?「特にすることもないので音楽でも(聞かないよりましなので)聞きましょうか」
 특별히 할 일도 없는데 음악이나 들을까요?「特にすることもないので音楽でも(他にやれることもないので)聞きましょうか」