90. -ㅁ/음

1) 機能 :名詞形語尾
2) 意味 :「~すること」
3) 使い方:動詞・形容詞・存在詞・指定詞の語幹+ㅁ/음
      ①パッチム無の語幹+ㅁ
      ②パッチム有の語幹+음
【例】
웃다 → 웃음   알다 → 앎   슬프다 → 슬픔   꾸다 → 꿈    하다 → 함
울다 → 울음   살다 → 삶   기쁘다 → 기쁨   믿다 → 믿음   했다 → 했음
졸다 → 졸음   추다 → 춤   아프다 → 아픔   젊다 → 젊음   있다 → 있음

※文末に使われるとき、ある事実や情報を知らせる警告文、報告文などとして使われる。
 このとき、「-겠, -았/었」とも一緒に使われることもある。口語体では「-는 것」に入れ替えることができる。
※主に文語体で使われ、「-기」が行動的に対して、「-ㅁ/음」は事実的、観念的な表現となる。

【表現】
1. 관계자 이외에는 출입을 금함.
関係者以外には出入を禁ずる。

2. 성적은 우수하나 품행이 좋지 못함.
成績は優秀であるが品行が良くない。

3. 내일은 전국적으로 약간의 황사현상이 있겠음.
明日は全国的に若干黄砂現象があるでしょう。

4. 기쁨과 노여움, 슬픔과 즐거움은 인간의 기본적인 감정이다.
喜びと憤り、悲しみ、嬉しさは人間の基本的な感情である。

5. 말하는 걸 듣고 나서 그 사람이 일본사람임을 알았다.
話すのを聞いてからその人が日本人であることを知った。