95. -아도/어도

1) 機能 :仮定や譲歩の意を表わす。
2) 意味 :「〜ても、でも」
3) 使い方:用言の語幹+아도/어도
      ①用言の陽母音語幹+아도
      ②用言の陰母音語幹+어도

 ※前の文を仮定したり、譲歩しても後ろの文章と同じ状況が存在するという意を表わす。
 ※先行文に副詞「아무리(いくら)」を使って動詞の意味を明確にしたりもする。

【表現】
1. 연습해도 자꾸 틀려요.
練習してもよく間違います。

2. 비가 와도 연습은 할 거예요.
雨が降っても練習はします。

3. 약을 먹어도 감기가 낫지 않아요.
薬を飲んでも風邪が治りません。

4. 늦어도 세 시까지는 오겠습니다.
遅くても3時までは帰ってきます。

5. 아무리 잠을 자려고 해도 잠이 안 와요.
いくら寝ようとしても眠れません。